<< リース三部作 比較画像 リース ダリア バラ イングリ... >>

ドン・キホーテ

2014年 年末に現役フィギュアスケート選手を引退して

2015年 春に早稲田大学大学院に入学し

スポーツ科学の研究をしてきた 町田樹さん。


研究の一環として 年に数回アイスショーに出演してくれています。


引退してから 4つのプログラムを披露してくれているのですが

それぞれ全く異なるものとなっており

研究の一環と仰っていたとおり

毎回 新しいことに挑戦し続けてくれています。


どれも とても見ごたえのあるものなのですが

今年 披露された プログラム

「 ドン・キホーテ ガラ2017 (バジルの輝き)」

なんですが 古典バレエからインスピレーションを得て作られており

なんと 3幕構成になっているんです。


幕ごとに暗転して

1幕が 「技のバジル」

2幕が 「夢見るバジル」

3幕が 「祝祭のバジル」

となっています。


あ、バジル とは 宿屋の娘キトリに恋心を抱く青年の名前です。





先日テレビ放映されたのですが

画面右上のテロップに

「前代未聞の新プログラム初公開」

とあるように 今まで見たことのない構成になっていて

とにかく すばらしい!

とくに第3幕の 喜びに満ち溢れたスッテップは

本当に見ている方も 喜びに満ち溢れてしまうほどです。



試合のフィギュアスケートととは また違う

とても素晴らしい エンターテイメントです。









(動画お借りします)



いやあ、もう 町田君から 目が離せないです。

こんなに 期待を裏切らず 楽しませてくれるんですから。



ちなみに このプログラムは 構想 選曲 振付 ほとんどを

町田君が自ら行っているのも すごいです。


制作に1年くらいかかったそうで とてもよく作り込まれていて

素晴らしい作品になっています。








私の おすすめでした^^






[PR]
by hanakotori3 | 2017-05-19 21:27 | その他 | Trackback
トラックバックURL : http://kotorihana.exblog.jp/tb/24197465
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< リース三部作 比較画像 リース ダリア バラ イングリ... >>